2017年11月24日 (金)

全国各地から雪の便りが舞い込んでくる中、小布施にも初雪が降りました。
空模様ばかりが先を行き、気持ちは秋のまま、、、そんな方も多いのではないでしょうか。

本店では、毎年手作りするもち花やおせち料理など「今年もこの季節が来たなぁ」と感じさせる、“季節のお仕事”が始まりました。

昔から変わらないものを、昔ながらの作り方で、、、
本店の古き良き伝統が今年も引き継がれたおせち。
昔からのご常連のお客様も多く、
今年も早いうちからご予約をいただいております。

3


〜おせちについて〜

皆さまそれぞれの新年に添えられるよう、二段重と三段重の2種類をご用意いたしました。
また、遠方のお客様にもぜひ召し上がっていただきたいとの想いから
盛り込んだものを丁寧にお包みして、大晦日にご自宅までお届けいたします。

来たる新年が災難なく幸せな年となりますよう、
縁起物に祈りを込めた小布施堂のおせちでございます。

ご家族みんなで、ご夫婦仲良く囲んでみてはいかがでしょうか。


二段重   32,400円
三段重   54,000円
すべて消費税、送料込み

お問い合わせ
小布施堂本店
026-247-2027

2017年9月29日 (金)

夜になると楽しそうな虫の音が聞こえるようになり、もうすっかり秋ですね。

 

栗の収穫真っ只中の小布施では新栗を使ったお菓子がたくさん味わうことができます。

 

まずは焼き栗を紹介します!

10月13日(金)までの間、獲れたての栗を使った焼き栗を
9時〜12時の間えんとつ広場にてご提供しております。

甘くて美味しい、アッツアツの焼きたてをぜひお召し上がりください。

 

22015608_1457255574358644_602344020

 

そして、この季節に小布施堂本店でしか味わうことができない「雁の山」もぜひ味わっていただきたいひと品です。

Toretate

大変人気の「栗の点心 朱雀」と同じく、穫れたての栗を使い、
丁寧に裏ごしして使っているため、足が早く喫茶でのご提供のみでございます。

 

伝統的な棹物の上生菓子で、1つ1つ丁寧に職人が仕上げてお出ししています。
菓銘の「雁の山」は、小布施になじみ深い雁田山を見立てたことから名付けられています。
小豆あんの部分が雁田山を、栗の部分は空を見立てています。
雁の山に合わせて、右側の山がちょっとだけ高くなっています。

 

ぜひ小布施堂本店で、お抹茶と一緒に一服はいかがでしょうか。

「栗の点心 朱雀」をすでに召し上がられた方にも、

味わっていただきたいひと品です。

 

とれたて、つくりたて。

をぜひお召し上がりください。

 

 

「雁の山」

2017年9月1日(金)〜2017年10月31日(火)

650円(税込、お抹茶付き)

小布施堂本店 喫茶 10時~16時

2017年9月20日 (水)

ここ数日、朝晩は冷え込むようになってきて、秋を感じられる日が多くなってきましたね。

秋といえば・・・芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋など、様々な秋がありますが、栗のシーズンを迎えた小布施町では、なんといっても食欲の秋ですね。

 

新栗を使ったお料理やこの季節でしか味わえない栗菓子がたくさんあります。

 

お持ち帰りの栗菓子で人気の「栗むし」も新栗を使い、パッケージも新栗仕様になりました。

960_shinguri

 

栗あんを練りあげた生地に栗の渋皮煮を入れて蒸した栗蒸し羊羹です。生地がもっちりとしていて、食べると栗の風味が口の中に広がります。

ほどよい甘さの栗むしをぜひお試しください。

 

Kurimushi

「栗むし」 ※小麦を使用しています。

1個 1,026円(税込)

小布施堂本店、傘風楼、MIDORI長野、ながの東急などで販売中です。

オンラインショップでもご購入いただけます。

オンラインショップでのご注文はこちらから
http://shop.obusedo.com/shopdetail/000000000072/namagashi/page1/order/

2017年8月21日 (月)

明日、8月22日(火) 午前9時から
小布施堂本店「朱雀コース」の
ご予約受付を開始いたします。

お電話または小布施堂本店店頭での受付のみとなります。
大変申し訳ございませんが、電話回線が混雑することが予想されます。

定員に達し次第受付終了となります。

ご好評につき、受付は終了いたしました。

Suzaku_course

 

2017年5月 1日 (月)

5月になり色とりどりの花や新緑の葉に囲まれ

小布施も色づいて参りました。

今月も旬の食材をたくさん使った

お料理をご紹介します。

 

〈アスパラと素麺〉

 

_mg_0026_yoko


アスパラを素麺のように細く切り、三輪素麺ときくらげ、

濃厚な黄身を添えました。

醤油ベースの冷たいお出汁で

お召し上がりください。

 

〈芽なべ〉

 

_mg_0037_yoko

 

 

アスパラ、うど、たけのこ、ごぼう、牛肉に

香りの良い花山椒を添えた一品です。

 

〈マンゴーのマンゴーソースかけ〉

 

_mg_0039_yoko


旬の宮崎マンゴーとバナナゼリーに

生クリームとヨーグルトを加えて

お作りしたマンゴーソースを

たっぷりとかけました。

 

 

梅雨に入る前に是非小布施へお越しください。

2017年4月25日 (火)

長野市の桜の花も見頃を過ぎ、新緑の季節へと移り変わろうとしています。

 

小布施堂でも桜を使った商品から新緑の商品へと移り変わっています。

 

5月5日は端午の節句です。

 

今年も栗あん柏餅が登場しました。

20174

 

柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないため、「子孫繁栄」に結び付き、端午の節句の縁起物として江戸時代から食べられて来ました。

 

小布施堂の柏餅は、栗あんを蓬餅で包み、柏の葉で挟みました。

 

柏の葉が取れにくい西日本の地域ではサンキライ(サルトリイバラ)の葉を使用されています。

本店でのみ、こちらのサンキライで挟んでいます。柏の葉を使った柏餅とはまた違った香りをお楽しみいただけます。

ぜひ、小布施堂本店でお試しください。

 

以下の店舗では柏の葉を使用しています。ご確認ください。

MIDORI長野店、ながの東急店、伊勢丹新宿店5/7まで。

三越日本橋店、松坂屋上野店5/4,5/5限定にて販売します。

 

小布施町は、桜が見頃です。桜だけではなく、これから様々な花々が見頃を迎えます。

 

こちらは本店前

 

20174_2

20174_3

小布施橋

20174_4

 

みなさまも春をお楽しみください。

2017年4月21日 (金)

来週末からゴールデンウィークですね。

暖かく過ごしやすい日が増え、小布施堂本店では
天然氷のかき氷や栗あんくずきりをご用意しております。

 

_ats4854

 

傘風楼では、喫茶タイムで大人気の朱雀パルフェをご提供しております。

 

_mg_7346_2

ゴールデンウィークといえば、気温が高い日が多く感じられます。

そんな時には小布施堂本店の天然氷のかき氷やくずきり、
傘風楼の朱雀パルフェを食べて涼を感じてみてはいかがでしょうか。

 

また、小布施町内の桜はすでに満開を迎えましたが、
小布施橋近くの土手沿いにある桜並木は
毎年ゴールデンウィーク頃に見頃を迎えます。

 

Asa_003(写真は以前ゴールデンウィーク中に撮影したものです。)

 

小布施にお越しの際は、スイーツやお花見など、
魅力をたっぷりとご堪能ください。

2017年4月 8日 (土)

長い冬を終え、小布施にも春がやってまいりました。

雪の下から出てきたお野菜から春を感じられる

今月のお料理をご紹介いたします。

 

〈雪割りアスパラの南蛮ソースかけ〉

 

 

_mg_1215

 

 

小布施で獲れたアスパラととうたち菜に

オランデーズソースをかけました。

オランデーズソースの風味とアスパラの甘さをお楽しみ下さい。

 

〈春菜寿司〉

 

 

_mg_1223

 

 

小布施堂の春といえば春菜寿司でございます。 

名前の通り旬の食材をつめこみ、

華やかなその見た目からも春を感じられる

お寿司でございます。

 

〈くだもの曼陀羅〉

 

 

_mg_1225

 

 

イチゴ、キウイ、パイナップルなどのフルーツに

小布施で獲れたイチゴで作りました

自家製ソースをたっぷりかけました。

 

 

暖かくなり、柔らかい日差しのふりそそぐ

小布施の春をお楽しみ下さい。

 

小布施堂本店

2017年4月 2日 (日)

毎年ご好評頂いております

「春菜寿司」のご案内でございます。

 

 

食欲をそそるかやくご飯の上には、

色鮮やかでフワフワの錦糸玉子。

こちらは、すべて料理人の手作りでございます。

 

 

S1

 

S2

 

しいたけ、海老、

春を代表する具材の筍、菜の花、木の芽など。

彩り豊かに盛りつけて小布施堂「春菜寿司」の出来上がりでございます。

 

S3

 

これからのお花見や、入学式シーズンの御祝いにいかがでしょうか。

御祝い用の御のしもご用意しておりますので、お気軽にお声がけくださいませ。

 

S4

 

お重は小・大の2種類ご用意がございます。

 

お重小(1~2人前)   1,620円(税込)

お重大(4~5人前)   5,400円(税込)

 

どちらも前日までの要予約でございます。

当日限りのお日持ちですので、ご予約日にはお気をつけください。

 

 

お受け渡しは〈本店〉〈傘風楼〉〈東急〉〈MIDORI〉の4店舗よりお選び頂けます。

 

受付時間

本店・傘風楼      9:00~17:00

東急                   10:00~17:00

MIDORI               9:00~17:00

 

お受け渡し可能なお時間

本店・傘風楼      11:00~17:00

東急                    12:00~19:00

MIDORI              12:00~20:00

 

 

 

S5

 

 

ご予約お待ちしております。

 

 

小布施堂本店

2017年3月 7日 (火)

雪深い冬を越え、3月となりました。

具材からも少しずつ春の訪れを感じる

今月のお料理をご紹介いたします。

 

〈沢煮椀〉

_mg_0027


 

春野菜のたくさん入ったお椀からは

小川の流れる春の情景が思い浮かびます。

豚の背脂を加え、より旨みの深い一品に

仕上がりました。

 

 

〈逢瀬玉子〉

_mg_0057


 

''小布施''の名の由来とも言われる逢瀬

玉子の黄身はまろやかなソース、白身はふわふわのウッフとなり

器の中で逢瀬を果たします。

カラメルソースと絡む優しい口どけをお楽しみ下さいませ。

 

 

小径の雪も溶け始めてまいりました。

春の陽気に誘われて、是非小布施においでください。