2017年1月19日 (木)

花びら餅

道路の除雪作業も進み、先日の大雪の影響もようやく落ち着いてきました。

 

今回は新年にぴったりの栗菓子「花びら餅」を紹介します。

通常、花びら餅といえば「餅、牛蒡、白味噌餡」を使いますが、小布施堂の花びら餅は白味噌餡ではなく、栗あんを使っています。

栗菓子屋ならではの味に仕上がっています。

また、中に入っている牛蒡には歯固めの意味があります。

これは、平安時代の新年行事である「歯固めの儀式」を簡略化したものが由来となったと言われています。

齢を固めるために押し鮎などの堅いものを食べて、健康と長寿を祝う行事が簡略化して、御所鏡や宮中雑煮になりました。

花びら餅の牛蒡は押し鮎に、餅と白味噌餡は雑煮に見立てたお菓子で、今では初釜や新年のお菓子として親しまれております。

 

Hanabiramochi

 

小布施堂の「栗あん花びら餅」でお茶の初釜はもちろん、ご家族の皆様で健康と長寿を祝ってみてはいかがでしょうか。

 

「栗あん花びら餅」 1個 378円(税込)

伊勢丹新宿店にて販売中です。
販売期間は店舗またはお電話にてお問い合わせください。
TEL:026-247-2027