2016年6月30日 (木)

6月が終わり、7月がやってきます。
7月になると、いよいよ夏がやって来た!
という気分になりますよね。

夏といえば茄子!
今年も小布施丸なすの時期がやって参りました。


収穫を迎えますと、本店でも小布施丸なすを使ったお料理がご用意できます。
その名も、“小布施丸茄子の味噌仕立て”でございます。

_mg_3902_3


このお椀、なんと丸茄子が半玉入っている贅沢さ。
食べても食べても茄子が出てきます。
小布施丸なすは煮崩れしにくいのが特徴で、食べやすいのも嬉しいところです。
味噌汁の上澄みのみを使った出汁も、ぜひ味わってみてください。

デザートの“杏の杏仁包み”は、先日ご案内したかき氷と同じあんずを使っております。こちらは長野自慢の、更埴産のあんずです。

さっぱりとした杏仁を割ると、甘酸っぱいあんずが出てきます。
つるんとした杏仁とみずみずしいあんずを、ぜひご一緒に味わってみてください。

_mg_3926



《文月のお品書き》
お向 鯛の長芋寄せ
お椀 小布施丸茄子の味噌仕立て
炊合せ お肉焼き
御飯 鰹と茗荷の御飯
デザート 杏の杏仁包み
2,700円(税込)

上記のお料理に
今月の生栗菓子とお抹茶を付けて
3,240円(税込)


皆さまのお越しをお待ちしております。

本店スタッフ

2016年6月29日 (水)

7月7日は五節句の一つ七夕です。

竿竹に短冊をくくりつけて、

出会いがありますように、○○が上手になりますようにと

願いを込めた思い出のある1日ではないでしょうか。

 

夜には、夜空の天の川を見上げて

織姫と彦星が逢瀬を重ねる星を見守ります。

そんな情景に思いを寄せて、

小布施堂でも、七夕に寄り添う栗菓子をお届けします。

 

透き通る青とピンクがかわいらしい「七夕の雫」です。

 

Img_2651

 

ツルんとした食感の生地でたっぷりの栗あんを包みました。

大切な人と季節の栗菓子を召しあがって

いまこの瞬間しかない大切な時間をお過ごしください。

 

 

「七夕の雫」

1個 270円(税込)

6/22〜7/7まで、MIDORI長野店、ながの東急店、伊勢丹新宿店にて販売中

2016年6月27日 (月)

梅雨のはずが…暑い日が続き
かき氷がおいしい今日この頃。

春頃から再開した天然氷のかき氷に
今年も生あんずソースが加わりました!

_mg_6091


オレンジ色が見た目にもキレイな生あんずソースは、すべて手作り。

先日、入荷した、生食用の大きなあんず。
そのまま食べたくなるほど新鮮なあんずを半分に割り、
大きなお鍋でコトコトコト…


軽くミキサーにかけたら、甘酸っぱいソースの出来上がりです。
お好みで自家製練乳を追加するのもおすすめです!


《天然氷のかき氷》
・栗あんソース 860円(税込)
・生いちごソース 760円(税込)
・生あんずソース 860円(税込)

ソース各種 100円(税込)
・栗あんソース
・抹茶ソース
・小布施産いちごソース
・生あんずソース
・自家製練乳


ふわっと溶ける夏の定番人気です。

一人の休日を贅沢にゆったりと…
お友達やご家族とシェアしながら賑やかに…

どうぞひと休みにお立ち寄りください。


本店スタッフ

2016年6月23日 (木)

朱雀専門店「えんとつ」では、明日6月24日(金)より
ホットコーヒーをご注文のお客様には
新しい「朱雀ブレンド」でのご提供を開始いたします。

_mg_7625


コーヒーハンターである
ミカフェートの川島良彰さんにお越し頂き
モンブラン朱雀にぴったりの
オリジナルブレンドのご提案を頂きました。

モンブラン朱雀の為に選ばれた、産地までこだわった
コーヒー豆を焙煎、挽き方まで調整し、
試飲を重ねて完成したコーヒーが「朱雀ブレンド」です。

えんとつへお越しの際は、ぜひ!
モンブラン朱雀と一緒に是非この「朱雀ブレンド」をお試しください。

挽き立ての豆を丁寧にハンドドリップでご用意致します。
フルーツのように新鮮なコーヒーをご期待下さい。

まずはお砂糖・ミルクなどを使わずに
コーヒーとモンブラン朱雀のペアリングをお楽しみ頂ければ幸いです。
皆さまのご来店お待ちしております。

_mg_7658

2016年6月22日 (水)

毎年6月は栗の花の季節です。

かたいイガのイメージのある栗ですが、

花はほっそり長く、ふわふわした何とも言えない風情があります。

満開になるころには、町全体が栗の花の独特な香りに包まれます。

 

Img_3956

小布施町にはいたるところに栗畑があって

たくさんの栗の木があります。

小布施にお越しの際は、ちょっと道をそれて

栗畑を見ていくのもいかがでしょうか。

7月下旬には、栗の毬(イガ)の赤ちゃんがなり始めます。

 

_mg_8932

楽雁というと、和三盆などを使った

かたいお菓子を想像される方が多いかと思いますが、

小布施堂の「くりは奈」は栗あんを使った生楽雁です。

 

炒った赤豌豆の香ばしい風味と、

しっとりとしてホロホロとくずれる食感が特長です。

栗の風味が広がる小布施堂だけの生栗菓子です。

 

 

Fullsizerender

ちょっと変わった形をしている「くりは奈」

江戸時代に流行した角字をモチーフにデザインした「栗の字」を型に使っています。

小布施堂本店にお越しの際は、お買い物のついでに

壁に隠れたこの「栗の字」を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

Kurihana



「くりは奈」

1箱9個入り 864円(税込)

小布施堂本店、MIDORI長野、ながの東急、伊勢丹新宿店にて販売中

2016年6月21日 (火)

初めまして傘風楼の関です。

小布施町のいたる所に綺麗な紫陽花が咲く、この時期いよいよ

今年も小布施の特産チェリーキッスの季節がやってきました。

深紅色のチェリーキッスの収穫を無事にむかえ、年々盛り上がりを増す

チェリーキッスフェアが 6月25日(土)~7月10日(日) の期間限定で催されます。

傘風楼ではドイツの伝統菓子 “キルシュトルテ” のケーキと

炭酸を効かせたドリンクの“スカッシュ”をご用意致します。

 

“キルシュトルテ” はココア生地のスポンジに生クリームと

たっぷりのチェリーキッスを忍ばせたケーキで、

上にはチョコレートがふわりとのっています。

ココア生地にはキルシュ(チェリー酒)を少ししみこませ、

しっとりとした口当たりになっています。

ランチタイムにキルシュトルテと小布施ワイナリーのワインと

一緒に味わい自分にご褒美!!!としてブレイクタイムを満喫して頂いても

よろしいかもしれませんね(^^)

そして、チェリーキッスを少し甘く煮てジャムにし、お子様も楽しめるよう

炭酸で割ったスカッシュは、甘酸っぱい爽やかな味を存分に堪能して頂けると思います。

ぜひ、期間中にお越し下さいませ。お待ちしております。

 

 

キルシュトルテ、スカッシュの提供時間

 

 

“キルシュトルテ” ランチタイム11時~14時 単品で¥600(税込)

            喫茶タイム 14時15分~16時 ドリンクセット¥800(税込)

“スカッシュ”    ランチタイム11時~14時 単品で¥500(税込)

            喫茶タイム 14時15分~16時 各デザートのセットご注文の上

                                  +¥150での提供です。

_mg_5834

2016年6月15日 (水)

暑い日にはさっぱりした物が食べたくなりますね。

そんな時にぴったりの栗菓子「栗かのこケーキ レモン」を紹介します。

 

栗かのこケーキにレモンの爽やかな香りと甘酸っぱさが加わり、濃厚な栗あんをさらっとお召し上がりいただけます。

実は、昨年の発売以来、栗かのこケーキシリーズの中で一番人気の商品です。

 

人気の理由はレモンの風味。ではないでしょうか。

レモンの皮を手作業で一つ一つすり下ろして、加えています。

ケーキ1個にレモン1/2個分以上の皮が入っていることになります。

 

13405443_1028843070541879_190111754

冷やして食べると、さらに爽やか!

暑い日によ〜く冷やした栗かのこケーキ レモンで、爽やかな休憩をしてみませんか。

 

_mg_5788

「栗かのこケーキ レモン」

1個 1,296円(税込)

販売期間:6月中旬〜8月中旬

販売店:小布施堂本店、傘風楼、MIDORI長野、ながの東急、伊勢丹新宿店、三越日本橋店など。
販売日は各店にお問い合わせ下さい。

2016年6月10日 (金)

えんとつよりお知らせです。

当店のメニューは、モンブラン朱雀とお飲み物のセットのみとなっておりますが

お皿にはいつも旬のフルーツを添えています。

春のオープン当初はイチゴ、続いてメロンになり、

そして今日からは、地元産のサクランボをご用意します。

Sakurannbo

わずかな変化ではありますが、季節感を味わって頂ければ幸いです。

6月になり、お天気が崩れる日が多くなってくるとは思いますが、

平日はお席に余裕がある日もございます。

皆さまのご来店お待ちしております。

Monburann

栗菓子の小布施堂が、実は、昔から酒造りも行っているのを知っていますか?

 

桝一市村酒造場という造り酒屋。約260年も昔から酒造りを続けています。

現在も、手造りで丁寧にお酒を造っています。

 

そんな、桝一のお酒と酒粕を贅沢に使った「酒粕ケーキ 一升枡」をご紹介します。

生地には桝一の酒粕を練り込み、しっとりと焼きあげて一升枡に入れました。

仕上げには、木桶仕込み純米酒「白金」をたっぷりと染み込ませた特別な逸品です。

 

_mg_4012

 

もうすぐ父の日ですね。

毎日、家族のために頑張っているお父さんと一緒に、

ちょっぴり大人なスイーツはいかがでしょうか。

 

Sakekasu1_2

「酒粕ケーキ 一升枡」

5,400円(税込)

ご注文はこちらhttp://www.obusedo.com/shopping/detail/sake_cake.html

2016年6月 9日 (木)

梅雨入りを迎える季節となりました。

6月19日は、父の日です。

プレゼントはお決まりでしょうか?

今年は感謝の気持ちを栗菓子で伝えてみてはいかがでしょうか?

父の日のラッピング承ります。

Image1

みなさまのお越しをお待ちしております。