2016年6月21日 (火)

6月も半ばが過ぎました。
梅雨入りしてから、蒸し暑い日々が続いております。

また、小布施町中の栗の花が満開となり、これからの本格的な夏の到来を予感させます。

今回は、「とうもろこし」をご紹介します。
蔵部では、7月より信濃町産のとうもろこしをご用意しております。

信濃町は小布施からほど近い、とうもろこしの一大産地です。
特徴はその甘さ。
果物並の甘さを持っています。
(なお、現地では道沿いにとうもろこし販売のお店が何店もあります。)

「焼きとうもろこし」(1本420円、7月より)

シンプルですが、素材の味を十分に堪能できるかと思います。
炭火焼きの香ばし醤油でどうぞ。

夏の味覚を蔵部で味わってみてはいかがでしょうか?

2016年5月25日 (水)

暖かく、そして過ごしやすい日が続いております。
周辺の山々は新緑で映え、夏の兆しが感じられます。

今の時期は、やはり新物の野菜と山菜ですね。そこで今回は蔵部でご用意している、旬のお野菜を紹介します。

アスパラ・たらの芽・蕗・こごみ・こしあぶら…… 土のいいにおいがします。

お召し上がり方は食材それぞれでござれいますが、天ぷらやたまり煮、和えものにしてお出ししております。

また、新たまねぎや新じゃがいもは豚汁の具材に使用しております。
具が「やわらかく」て、美味しいですよ。

こちらは今が旬の根曲竹です。
地域特産の山菜で、いろんなお召し上がり方がありますが、蔵部では「天ぷら」にしてお出ししております。
衣につつまれた根曲竹の食感とほんのりとした甘さを堪能して頂ければと思います。

このご機会に蔵部で旬のお野菜を味わってみてはいかがでしょうか。

2016年3月27日 (日)

今年は暖かい冬でした。
そのため、お庭の梅はだいぶ前に咲き、2週間ほど前からは、開ききった「ふきのとう」が周辺で見受けられました。
本当に春の気配は早かったです。

さて、冬期間が終わり、4月から「お造り三種盛り」と「みゆき豚ロース粕漬焼」がメニューに加わります。

○お造り三種盛り
(かまどご飯、お味噌汁、小鉢付き)
1,680円 (税込)
※日によってお造りの内容が変わります。
※写真の内容は鰆、信州サーモン、メバチマグロです。

○みゆき豚ロース粕漬焼
(かまどご飯、お味噌汁、小鉢付き)
1,830円(税込)
※1日限定20食でございます。


セットメニューは他に「信州産牛ロース重ね焼」と「本日の焼魚」も冬から引き続きご用意しておりますので、計4品のセットメニューからお好きなものをお選びください。

春の陽気に誘われて、蔵部にお出かけになってはいかがでしょうか?

蔵部スタッフ

2015年12月21日 (月)

2015年も残りわずかとなりました。

暖冬の影響で例年より雪が降らないのですが、それでも朝晩の冷え込みは体にこたえます。

今回、12月からメニューが冬期間用に変更になりましたのでご紹介します。

「信州産牛肩ロース重ね焼」セット
(小鉢、かまど飯、豚汁付) 税込1,900円
※かまど飯を栗おこわに差替えることもできます。(差替え+380円)

夏〜秋にお休みさせていただきましたメニューが冬に復活!
ほどよく脂ののった肩ロースに、わさびをつけてお召し上がりください。

また、セットの内容も、小鉢(写真は小布施で採れた白菜のおひたし)と寒い日にはうれしい「豚汁」が付きました。蔵部特製の豚汁で、ぜひ温まっていってください。

皆様のご来店をお待ちしております。

蔵部スタッフ

2015年9月 2日 (水)

9月になりました。
いよいよ小布施のシーズン到来です。

小布施といえば、やはり「栗」。

秋の蔵部は、その栗を使った栗おこわを一番おすすめしております。
蒸かしたてのもち米と大粒の栗を3粒のせた栗おこわは、それだけでもご満足いただけると思います。

また、来週の9月9日は「重陽の日」(栗節句)です。
健康長寿を祝うこの日限定で、蔵部では菊酒と栗ごはんをお出ししております。
こちらも、ぜひお越しいただければと思います。

9月からは新栗が採れ始めますので、栗を味わいにぜひ小布施にお越しください。

蔵部スタッフ

2015年8月 3日 (月)

8月。
夏真っ盛りの日々、お出かけにも躊躇するような日差し。もう毎日が当たり前のように暑いですね。

さて、このたび蔵部では、夏季限定で「お造り盛り(3種盛)セット」を再開いたしました。

(写真は、メバチマグロ・カンパチ・スズキの3種盛り)
※仕入れや日により、お造りの内容が変わります。

「お造り盛りセット」
(御飯、味噌汁、香物付) 1,580円

単品 1,080円


夏季限定ではございますが、蔵部でのお造り再開と至りましたので、ぜひ、このご機会に、お召し上がりいただればと思います。

蔵部スタッフ

2015年4月27日 (月)

今回は、豚汁についてご紹介します。

豚汁の具は、豚バラ肉・じゃがいも・にんじん・こんにゃく・ごぼう・ねぎ。
定番の内容ですが、具材を大きめに切っており、かなりボリューミー。
味付けは2種類の信州味噌を使い、味わい深く仕上げております。

単品 550円(税込)

なお、セットメニューの内容を
味噌汁から豚汁へと差し替えができます。(+330円の追加となります。)

栗おこわとの相性も良いので、栗おこわと豚汁だけでも十分満足していただけるかと思います。

是非、一度ご賞味ください。

2015年3月30日 (月)

4月から新メニューが登場します!

「信州産牛ロースステーキ」2,060円
( 御飯、味噌汁、香物付 )

これまでお出ししてきた「信州産牛ロース重ね焼」を発展。
これまで以上にお肉の味を感じていただきたいことと、食べ易さと食べごたえを両立させたいことにこだわって作りました。

そのままアッサリとお召し上がりいただけますが、「付けダレ」もしくは「わさび」でも美味しくいただけます。

ぜひ、蔵部にお越しの際はご賞味ください。


4月より、営業時間が昼の部のみの営業となります。

蔵部 営業時間 11:30〜14:30


約16年間続けてきた夜の部の営業をお休みすることとなり、お客様にご不便をおかけするかとは思いますが、これからも変わらぬご愛顧を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

蔵部スタッフ一同

2015年2月19日 (木)



もうすぐ3月。
雪もあまり降らなくなり、
春の訪れを感じる時期になってきました。

こんな陽気の日は、蒔割りもはかどります。

割った薪は、すべてかまどの燃料として使います。

火を入れてから、炊き上がりまでは約30分かかります。

炊き立てのご飯は、とても艶やかでふっくらしています。
また、ご希望いただければ「おこげ」もお出しできますので、その際はお声がけください。
ぜひ、蔵部自慢のかまどめしを味わっていただければと思います。

「かまどめし(単品)」 320円 (税込)

※お昼のセットや丼もの、手毬寿司もかまどめしを使っております。

蔵部スタッフ