2016年9月

2016年9月20日 (火)

栗のおいしい季節になり、小布施町も毎日にぎわっています。

 

桝一市村酒造場では、モンブランとお酒のセットが新登場です。

Img_0260

『州くり』

1000円(税込)

日持ち:当日限り、要冷蔵

 

小布施堂のモンブランと、桝一の甘口の純米酒「州」を詰め合わせました。

(モンブランには別添えのパイをかけて、サクサク食感でお召し上がりください。)

州はデザートワインのような甘さと酸味が特徴のため、モンブランとのマリアージュをお楽しみいただくのにぴったりのお酒です。

 

小布施帰りの電車の中や、ご家族へのお土産に是非いかがですか?

桝一市村酒造場、MIDORI長野のみでの限定販売です。

2016年9月17日 (土)

秋の小布施はなんといっても「栗」。

町内の各お店では、新栗を使ったお菓子
が販売されるようになり、シーズンの到来を実感します。

蔵部では、栗の使った料理は蒸したての「栗おこわ」と栗を丸ごと1個揚げた「栗の天ぷら」をお出ししております。

シンプルな調理法は、素材の味を味わっていただきたいからでございます。
ぜひ、新栗の味を蔵部で堪能してください。

蔵部スタッフ

2016年9月 7日 (水)


9月9日は、五節句のひとつで「重陽」と呼ばれ、めでたい日とされています。
また、「菊の節句」が一般的ですが、地域によっては「栗節句」とも言われています。

昔は、菊酒を酌み交わし、お互いの健康を祝い栗飯を食すと不老長寿になると言われお祝いごとに用いられました。





蔵部では、9月9日のみ、重陽の日にちなんで「栗御飯」と「菊酒」をご用意しております。

1日限定でございますが、このご機会に是非、ご賞味ください。