2016年8月

2016年8月26日 (金)

今年の夏の小布施は暑い日が続きました。
お盆が過ぎて、徐々に朝晩涼しさを感じられるようになってきました。

さて今回は桝一の甘酒をご紹介します!
甘酒は栄養価が高く、健康に良いことでメディアでもよく取り上げられ、注目されています。スーパーなどにも容器に詰められた甘酒が並んでいるのをよく見かけます。



もともと甘酒は夏に冷やして、夏バテ予防に飲まれていました。俳句でも「甘酒」は夏の季語だそうです。


桝一では以前から手作りの冷たい甘酒を店内の手盃台にてお出ししています。
米と麹のつぶつぶが多く濃いですが、さっぱりした喉ごしで、もちろん砂糖は一切入っていません。
夏場は特にご注文が多く、大変好評いただいています!
お持ち帰りのご要望もたくさんいただくのですが、現在のところは店内でのご提供のみとなっています。
ぜひ小布施にお越しいただき、桝一の甘酒を召し上がってみてください!

Dsc_0074_2

2016年8月13日 (土)


夏真っ盛り、小布施。

こう毎日が暑いと、食が細くなりがちですが、1日3食しっかり栄養を摂って、夏を乗り切りましょう!

さて、今回は蔵部自慢の粕漬料理をご紹介します!
(もちろんすべて桝一市村酒造場の酒粕で漬けております。)

セットメニューにて、「みゆき豚ロース味噌酒粕焼」と「鮭の粕漬焼」(本日の焼き魚)をご提供しております。

どちらも炭火で焼き上げており、焼き立ての香ばしさは食欲をそそります。

まだ、漬け始めたばかりですが、瓜の粕漬けです。
他にきゅうり・大根・人参の粕漬けを自家製の漬物として、お出ししております。
こちらは芳醇な香りとそれぞれの野菜の
食感を楽しんでいただければと思います。

酒蔵ならではの料理をぜひ、蔵部でお召し上がりください。