2017年10月 1日 (日)

秋も深まり、行楽にはぴったりの気候になってきましたね。

長野らしいお土産をお探しでしたら、こちらはいかがでしょうか。

MIDORI長野店では、神無月より栗かのこケーキのパッケージをリニューアルいたしました!

長野市のシンボルである善光寺をモチーフにしたかわいらしいパッケージです。

おやきやお蕎麦、もちろん栗も。長野の名物が描かれています。

長野の思い出とともにお土産としてご利用ください。

 

Img_3523_3

2017年9月29日 (金)

夜になると楽しそうな虫の音が聞こえるようになり、もうすっかり秋ですね。

 

栗の収穫真っ只中の小布施では新栗を使ったお菓子がたくさん味わうことができます。

 

まずは焼き栗を紹介します!

10月13日(金)までの間、獲れたての栗を使った焼き栗を
9時〜12時の間えんとつ広場にてご提供しております。

甘くて美味しい、アッツアツの焼きたてをぜひお召し上がりください。

 

22015608_1457255574358644_602344020

 

そして、この季節に小布施堂本店でしか味わうことができない「雁の山」もぜひ味わっていただきたいひと品です。

Toretate

大変人気の「栗の点心 朱雀」と同じく、穫れたての栗を使い、
丁寧に裏ごしして使っているため、足が早く喫茶でのご提供のみでございます。

 

伝統的な棹物の上生菓子で、1つ1つ丁寧に職人が仕上げてお出ししています。
菓銘の「雁の山」は、小布施になじみ深い雁田山を見立てたことから名付けられています。
小豆あんの部分が雁田山を、栗の部分は空を見立てています。
雁の山に合わせて、右側の山がちょっとだけ高くなっています。

 

ぜひ小布施堂本店で、お抹茶と一緒に一服はいかがでしょうか。

「栗の点心 朱雀」をすでに召し上がられた方にも、

味わっていただきたいひと品です。

 

とれたて、つくりたて。

をぜひお召し上がりください。

 

 

「雁の山」

2017年9月1日(金)〜2017年10月31日(火)

650円(税込、お抹茶付き)

小布施堂本店 喫茶 10時~16時

2017年9月20日 (水)

ここ数日、朝晩は冷え込むようになってきて、秋を感じられる日が多くなってきましたね。

秋といえば・・・芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋など、様々な秋がありますが、栗のシーズンを迎えた小布施町では、なんといっても食欲の秋ですね。

 

新栗を使ったお料理やこの季節でしか味わえない栗菓子がたくさんあります。

 

お持ち帰りの栗菓子で人気の「栗むし」も新栗を使い、パッケージも新栗仕様になりました。

960_shinguri

 

栗あんを練りあげた生地に栗の渋皮煮を入れて蒸した栗蒸し羊羹です。生地がもっちりとしていて、食べると栗の風味が口の中に広がります。

ほどよい甘さの栗むしをぜひお試しください。

 

Kurimushi

「栗むし」 ※小麦を使用しています。

1個 1,026円(税込)

小布施堂本店、傘風楼、MIDORI長野、ながの東急などで販売中です。

オンラインショップでもご購入いただけます。

オンラインショップでのご注文はこちらから
http://shop.obusedo.com/shopdetail/000000000072/namagashi/page1/order/